2017年6月9日金曜日

WORK SHOP REPORT


こんにちは。

hum JINGUMAE atelier&shopの岩崎です。





いつもはアトリエで黙々と集中して作業している職人と体現するWORK SHOP。


先週末、開催されましたので、

その様子をREPORT させていただきます!!



今回も予約開始より即予約が埋まってしまったほど人気。

ますます予約が取りずらくなっていっているような・・・

関東はもちろん、静岡、愛知、大阪、和歌山・・・と遠方からご参加いただいた方も。

総勢16名の方に参加していただきました。






今回は、【 Gimmel Ring 】


 自分だけの特別なリングをお客様と職人と

マンツーマンで一緒にお作りしていきます。





Gimmel Ring とは、

2本の連なったリングを抱き合わせると1本のリングになるデザインです。


地金は2種類、デザインは異なる形状が2種類。

合計12種類の組み合わせの中から選ぶことができます。






まずは、デザイン選び。





リングの太さや、サークルやスクエアなどの形状、

そして、地金の組みあわせは、シルバー×シルバー、

シルバーグリーンゴールド、グリーンゴールド×グリーンゴールドと

3種類からお選びいただけます。





デザインが決まったら、併設されているアトリエへ移動し、

製作スタートです!!







今回のWORK SHOP、初っ端から山場を迎えます。


リングのトップとなるねじりの部分。

彫刻台という工具を使い、ねじっていきます。





リングにするため、芯金という棒と自らの力で円にします。







そして、地金の重なったいらない部分を糸ノコでカット。








カットしたリングのつなぎ目にロウを流し、リングを溶接して円に。






芯金にリングを刺し、木づちで何度も叩きながら、

自身のぴったりのサイズをだしていきます。


自分で作るからこそ、指にはめながら微調整も可能です。





ヤスリとリューターという歯医者さんにあるような工具で、

ロウのつなぎ目を綺麗に整えます。




そして、刻印を入れ、いぶしをかけて、

humならではのマット加工といぶしの陰影をスポンジのヤスリを施して・・・













完成です!!


お待たせいたしました、

それでは、皆様の素敵なリングをお披露目です~。












お互いの力作を見せ合う場。


同じデザイン・同じ素材を選んでも作る人の個性がひかりますね。

そして、製作している空間、完成した時の達成感と満足感。

よりかけがえのないものになります。




完成したリングには、それぞれの想いが込められていて、

そのお話を伺うのが私たちにとって、とても楽しい時間です。




ただただ美しいだけでない、

大切な人への想い、自身の願い、約束、お守りなど

見えないメッセージを込める、

そこがジュエリーの本来の魅力だなと改めて感じました。





そして、WORK SHOP を体験すると、

より職人の凄さを実感されたのではないでしょうか。






それでは、またWORK SHOPを開催する日まで。


次回は涼しくなった頃かな・・・


お楽しみに!






hum SNS
Instagram:hum_official   
         :hum_jingumae
Facebook:hum
















2017年6月1日木曜日

Bridal fair "bon mariage"

 
こんにちは。阪急うめだ本店の窪田です。

 
もうすぐ梅雨の時期ですね。

梅雨というとマイナスのイメージがありますが、実は沢山のメリットがあるそうです!

雨音によるリラックス効果、乾燥が減るため肌や喉が潤う、花粉や紫外線の減少など…
 
汚れも落ちやすくなるそうで、床や窓の拭き掃除をするのにも最適とのこと。
 
意外といい事ばかり!!梅雨になったら、窓拭きしてみようと思います!



さて、阪急うめだ本店では、本日6/1(thu)~6/30(fri)まで

"bon mariage"と題し、ブライダルフェアを開催します。
 
そして同日より、新作のブライダルリングが展開となります!

 
では新作をメインに、いくつかご紹介いたします。



 
まずは、新作マリッジリングから。

 
 
  
今回の新作は、従来ある八角形リングのリモデル。
 
全体的に丸みをプラスしたことにより、柔らかい印象になりました。

 


少し斜めに削りだされた側面には
 
職人の手作業による月桂樹の彫り模様が。
 
  
 
 
指当たりも更に滑らかになり、スッと指に馴染むような着け心地に…
 
 
纏う人の個性を演出してくれる
 
ファッションの延長にあるマリッジリングです。
 
 
 
 
そして、新作エンゲージリング
 
 
 
 
ウデにはK18グリーンゴールドを、トップにはプラチナを使用しています。
 
そして、クッションカットダイヤモンドをセット。 
 
 
 

クラシックで優しい印象になるように…と

オリジナルでカットをオーダーしたダイヤモンド。

テーブル面を小さくし、クラシックな趣のあるものに仕上がりました。


上質でエレガントな輝きが特徴です。


 
 
 ダイヤモンドの白い輝きや透明感が、ひと際美しいですね。
 
 

 

ここからは店頭にございます商品をご紹介。
 
 
コンビネーション
  
 
長い時間をかけ、結びついた2つの素材。
 
表面のやすり仕上げが程よいクラフト感を生み
 
ナチュラルな仕上がりとなっています。
 
 
ギメル
 
 
2つのリングが1つになった「双子リング」
 
繋がったリングはまるで、固い絆を表しているよう…
 
色の組み合わせをお選びいただけるので、お好みの仕上がりに。

 
ミルグレイン
 
 
職人により施されたミルグレインが、角度により輝きを放ち
 
シンプルな見た目にも華やかさを与えてくれます。

 
ムゲン
 
 
メビウスの輪をモチーフに、「永遠」を表したデザイン。
 
一周施されたダイヤモンドは優美な印象を持たせてくれます。

 
エンゲージリング
 
 
シンプルなフォルムに、マーキス・エメラルドといった
 
個性的なカットのダイヤモンドがセットされています。

あまり他では見ることのないデザイン。

 
 
こちらは、月桂樹をモチーフに作られたプラチナのリング。
 
無垢な白いダイヤモンドとプラチナの組み合わせや
 
華やかなデザインが、より特別な印象を持たせてくれます。



 
お好みのブライダルリングはございましたでしょうか?
  
ご紹介しきれていないものもございますので、是非店頭へお越しくださいませ。



また期間中、ブライダルリングをペアで20万円以上ご成約の方に

リングBOXへの、ネーム刻印のサービスがございます。

 


 
特別な機会となっております。
 
皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。



hum SNS
Instagram:hum_official   
         :hum_jingumae
Facebook:hum
 

2017年5月17日水曜日

one off gray polki 新宿伊勢丹

こんにちわ。

伊勢丹新宿店より玉木です。

そろそろ紫陽花の美しい時期ですね。

いかがお過ごしでらっしゃいますでしょうか。



さて今日は、5月3日から
伊勢丹新宿店で展開中の一点物リングたち、

「one off  gray polki 」

をご紹介いたします。

伊勢丹新宿店では初めての登場です。




特徴的なのが
かすかにファセットがほどこされ、
スライスカットされたダイヤモンド。

最も古いカット形式のひとつで、
西欧のカット方法がインドで見られるようになる、
はるか以前に生み出されました。



その魅力は、2つとして同じものがないこと。


何億年という長い年月をかけて生まれるダイヤモンド。

石の表面から内部へと入り込んだ、
幾重に重なるインクルージョンの模様。

それぞれの表情と異なる形。
そのダイヤに合わせてデザインされたリングです。




制作過程は、
石の形に合わせて台座を作り、それぞれのパーツを
職人が切り出していきます。



台座のダイヤをセッティングし、
メインのpolkiをセットします。

通常のダイヤに比べて、厚さ1mm前後の薄いダイヤモンドです。

熟練の職人でも非常に神経を使う作業です。


完成です。







ポルキーダイヤモンドは
ブリリアントカットや、ローズカットダイヤよりも、
柔らかい輝きを放ちます。


その為、ボリュームのあるリングのわりには
指馴染みが良いのが特徴です。




石をとりまく台座はグレーダイヤモンド。

神秘的なpolkiがさらに引き立ちます。



そして、光を受ける角度によっても、石の見え方が違ってまいります。

この独特の表情、
柔らかい光のなかで、時折放つ強い煌めき。





異なることが、それぞれにとって美しく、
だからこその、one off gray polki。




一点物の出会いで、一目見て決められる方が多く
完売している物もございます。

5月30日(火)まで新宿伊勢丹での展開となります。

よろしければぜひ、お立ち寄りください。
お待ちしております。




hum SNS
Instagram:hum_official   
         :hum_jingumae
Facebook:hum